6月議会がはじまりました

fup070620-1.jpg 

6月議会では、初質問にたちます。内容は、この6月からの住民税増税についてなど、暮らしの課題です。

増税により、県民税は今年度33億円の増収になります。私は、これを県民生活に還元すべと考えています。

税制改革は国が行ったことですが、県政として県民の暮らしを守るために対策を考えなければなりません。

高すぎて払えない国保税を下げるための財源にしたり、妊婦健診を無料にしたり、日本一高い県内の水道料金を下げるために、県の増収分を使うべきではないでしょうか。

皆さんはどうお考えになりますか。