西日本から連日のボランティア・・・日本共産党ボランティアセンター

日本共産党ボランテイアセンターは、いわき市と南相馬市に受け入れ拠点を設け、浜通り地区で災害救援・支援活動を展開してきました。

この間、全国から多数のボランテイアの皆さんの協力をいただいています。

津波の片付けや、炊き出しなど住民に喜ばれています。

若い皆さんにも、ネットの呼びかけに応えていただき、感謝でいっぱいです。

今月は、京都府、奈良県、愛媛県、徳島県など西日本からの応援と、東京都、千葉県など関東からも連日ボランテイアが入ります。(問い合わせ先 南相馬市原町区日出町189-2)

南相馬市では、まだ電話が復旧しない地区もあります。

そんななか、支援物資お届け隊も活動しています。

先月は、ボランテイアによる被災者アンケート活動を行い、出された要望を、最寄りの市町村につなぎました。

被災者の声で多く出されたのは、「生活再建に向けての支援策がほしい」との声でした。

住宅再建や雇用対策、商店や工場の再建策が急がれます。

相馬市では、ボランテイアが入って掃除した地区が先日の豪雨で浸水し、いやはや大変な状況があります。

南相馬市では、台風で延期した「ひまわり畑」の種まきも行う予定で、ボランテイアさんも楽しみにしています。

いわき市は、復興にはまだまだ先が見えない状況もありますが、支援の人々に元気をもらっています。

投稿者:

s-fujikawa

1957年 岡山県生まれ 1976年 高梁高等学校卒業 1978年 成安女子短期大学卒業  同年   結婚し福島市に移住  同年   新日本福島県本部勤務 1989年 福島県労働組合総連合勤務 1999年 福島市議会議員(2期) 2007年 福島県議会議員(1期) 2011年 日本共産党福島県委員会勤務       地方議員相談員       趣味・ギター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください