県内3市町村で保育料無料化・41市町村で独自軽減を実施

保育新制度がスタートするなか、県内市町村で保育料無料化の動きがひろがっています。(県の調査・H27年6月現)

子育て支援策として保育料を無料化しているのは、南相馬市・金山町・中島村の3自治体です。古殿町は食費とおやつ代のみ徴収し、他の経費は無料化しました。年長児を無料化しているのは田村市と南会津町です。

その他の市町村でも保育料の独自軽減策を実施しており、国基準よりも低い保育料にしたり、第二子や第三子以降を無料化したり、非課税世帯を無料化するなどです。41市町村が独自軽減を実施しています。

無料化や独自軽減策の拡がりの背景には、地方の少子高齢化問題や子どもの貧困問題があり、それらに対する住民要望の高まりがあります。 保育料無料化と学校給食無料化はわが党の子育て政策の柱、引き続き運動を強めたいです。

illust4031thumb

 

投稿者:

s-fujikawa

1957年 岡山県生まれ 1976年 高梁高等学校卒業 1978年 成安女子短期大学卒業  同年   結婚し福島市に移住  同年   新日本福島県本部勤務 1989年 福島県労働組合総連合勤務 1999年 福島市議会議員(2期) 2007年 福島県議会議員(1期) 2011年 日本共産党福島県委員会勤務       地方議員相談員       趣味・クラシックギター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です