須賀川市議会が「TPPの国会批准しないことを求める意見書」を提出

須賀川市議会9月定例会で、農民連の請願書採択に伴い、「TPPの国会批准をしない事を求める意見書」が賛成多数で可決し政府に意見書が提出されました。

意見書の内容は、「TPPの協定内容で今示されている合意は通過点にすぎず、全農産物の関税撤廃を迫られる恐れがある」こと、さらに「医療をはじめ健康や暮らしを守る様々な制度に、参加各国企業から緩和要求があれば拒めない、など主権放棄に等しい事まで踏み込んでいる」と指摘し、TPPの国会批准をしないことを求めています。cimg3141

投稿者:

s-fujikawa

1957年 岡山県生まれ 1976年 高梁高等学校卒業 1978年 成安女子短期大学卒業  同年   結婚し福島市に移住  同年   新日本福島県本部勤務 1989年 福島県労働組合総連合勤務 1999年 福島市議会議員(2期) 2007年 福島県議会議員(1期) 2011年 日本共産党福島県委員会勤務       地方議員相談員       趣味・ギター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です